クレジットカードの便利さや節約術

クレジットカードを活用すると、一切現金を扱うことなくレジを通過できたり、大金を持ち歩かなくても安全に高額なショッピングを楽しめるので非常に便利です。レジ前で小銭を数えたり、お釣りを受け取って確かめる手間もかかりませんし、最近はスーパーやデパ地下など食品レジなら一切サインレスでクレジットカードを使えるので、本当に助かります。また、クレジットカードがあれば万単位で高額な買物をする時でも、わざわざお金をATMから下ろしてきたり、多額を持ち歩く危険性も有りません。リボ払いや分割払いを活用すると、高い買い物も自分のペースで無理なく行えたりもします。クレジットカードは使った金額に応じて、一部の金額がポイント還元される点もメリットであり、非常に得な点です。公共料金支払いや毎月のプロパイダ費用など、月々の固定費は口座振替よりもクレジットカード払いにすると、ポイントが貯まるので節約できます。

JALのマイレージは買い物だけではなかなかたまらず、乗らないと貯まらないイメージでしたが、JMBローソンPontaカードvisa(セゾン付帯)を使うようになってから、コツコツと増えるようになりました。年会費は永年無料だし、西友の5%デーをねらっていけば他のセゾンカード同様、あとで5%引きになり、消費税対策にもなります。この前は5%デーとセールを合わせて35%引きで買うことができました。またアンケートも頻繁にくるので、知らないうちにポイントがたまります。またポンタモールやCMを見てもサイトでポイントがいつの間にかたまっています。ローソンでお試し引換券と替えるというのもありきなのですが、私はJALマイルに交換するのみです。

クレジットカードに知っていることは、その場では現金の支払いをすることはなく、後払いで支払うということです。また、作成して使用を始めることによって、会費を支払うことになると思っていました。しかし、持っていれば万が一の時に便利だとは感じていました。クレジットカードについて色々調べてみたところ、年会費無料のクレジットカードがあると分かりました。これまで会費が必要だとばかり思い込んでいたので、年会費が無料でも使用できることを知った後、すぐに作成しました。年会費は無料ですが、クレジットカードの機能としては全く問題ありません。特に、通販で買い物をする際は便利に利用しており、とても有意義な生活を送れるようになっています。

クレジットカードを使う方の中で行動範囲が非常に狭いという場合にはネットショッピングや近所のスーパー等での買物で有利になるカード選択が有効になります。還元率の高さだけでチェックするのではなく、例えばネットショッピング主体の生活ならばネットショップに適したカードがあり、通常の買物での還元率にプラスして、特定のサイトで買物すればさらにポイント加算されるというものもありますし、近所のスーパー利用が主体ならばその運営会社が作っているクレジットカードを作る事で、日常の買い物でサービス価格になったりポイント優遇があって有利に使えるものです。有名なカードだから得というわけではなく、あくまでどういった生活スタイルかを見極めてカード選択が望ましいと言えます。

新しいパソコンが欲しい、でも一括で買うとなると安いパソコンだとしても厳しい、ならネットオークションで・・・とここ数日悩んで、いろいろネットオークションを見ていました。ですが、ネットオークションで中古品を買うよりも、どうせならやっぱり新品が欲しいという結論になりました。そこでクレジットカードの出番です。普段使わないのですっかり存在を忘れていました。これがあれば何も現金一括で買わなくても、分割で購入出来たんですよね。という事で早速家電量販店に行き、当初予定していた予算よりも少し高めのパソコンをクレジットカードで買ってきました。ちょっと分割の回数は多くなってしまいましたが、わりと性能の良いパソコンを買う事が出来てかなり満足です。クレジットカード持ってて良かったと思いました。

クレジットカードは本当に便利なものです。今まで持ったことが無かった人が、初めて使ったら感動したということを聞いたことがあります。確かに手元に現金が無くても買い物が出来るわけですから、よく考えたらすごいものですよね。でも、これは一時的に商品が買えるというだけであって、最終的にはもちろん、代金を払わなければいけません。この決済日には引き起こし口座に十分なお金を入れておきましょう。時々、別の引き落としと重なってしまい、現金がなくなってしまったため、引き落としが出来なかったというケースが起こります。これは金融事故となりますので、こんなことを繰り返すと、金融面での信用が無くなります。住宅ローンを組む時などに響いてきますので注意しましょう。

クレジットカードはどれも同じ?

クレジットカードをこれから持つと言う人にとってどのクレジットカードに入ろうかと迷うことでしょう。どのクレジットカードも同じでしょうか?いいえカードによってかなり違うのです。まずは年会費をチェックしてください。有料ですか無料ですか。無料はずっとですか、それとも初年度だけで翌年から有料ですか、それとも購買金額の条件付きで無料ですか。これだけでも全然違います。特にこだわりがなければずっと無料のものがいいですよね。あとバカにならないのがポイントサービスです。ポイントの還元率はカードによって0・5%くらいから1.75%くらいまで差があります。年会費有料なら2%というのもありますよ。年間50万円くらい使うとすると0.5%なら2500円で1.75%なら8750円の還元です。10年間で6万円以上の差がでますよ。よ~く調べてから決めてね。

収入が低い時のクレジットカードの活用

収入が低い時にお金が足りない場合、クレジットカードを現金化して活用して、支払いに関しては副業のアルバイトをしたお金を当てていました。収入が少ない時に、普段の食費や公共料金などの支払いができなくたるためにクレジットカードで現金を下ろして生活費の一部に充てたので、逼迫している時に便利です。支払いをする額に関して、手数料を出来るだけ抑えるように計画を立てたので、振込用紙で支払う時に最小限に支払えた事で、あまり損をしなかった事が良かったです。リボ払いにしないで副業などで一気に稼いで、1ヶ月以内に全額を支払う事が私の考えです。クレジットカードは単にショッピングなどで便利に活用するツールではなくて、低い手数料で現金を借りながら生活に困らない事が便利です。

お金を借りられるのも利点。

クレジットカードの利点といえば、キャッシング枠があることだと思います。例えば、急なイベントなどでお金が必要になったときは、手持ちがないときは困ります。そんな時は、クレジットカードのキャッシングが一番便利です。特に、新規にキャッシング会社を契約するのは、結構面倒ですからね。また、使い方もATMなどを使い簡単な操作をするだけなので、機械が苦手という人でも大丈夫ですよ。それから、普段使っているクレジットカード会社からお金を借りられるのも、安心できるところではないでしょうか。もちろん、便利にすぐにお金が借りられるので、使い過ぎについては注意をするべきです。そのため、お金を借りるときはしっかりと、返済計画を立ててから使いましょう!

クレジットカードで失敗した体験談

昔のことですが、クレジットカードを乱用していたのですが、リボ払いで金銭感覚がおかしくなっていたのは事実です。気が付いたら100万円以上の借金に膨れ上がり、私の給料では追いつかない状態になってたんです。もっと真面目に使っていればそんなことにならなかったと思います。私の使い過ぎが全ての原因でもあるので何とかしなければと必死になりました。とにかく今のままでは返すに返せない状態だったので実家に相談して全額返済をしてくれました。当然凄く怒られましたが、後で返済を終わらせることもできました。それからはクレジットカードを使うこともしていませんが、使い方次第なので、助かるシステムなので、また使ってみようとは思っています。